朝の豆漿(トウジャン)はカンタン黒酢で 不定期連載 おとこ一人飯 (7)

第7回 朝は手軽でヘルシーな豆漿(トウジャン)でおとこ一人飯

目次

台湾の朝の定番、豆漿(トウジャン)

とても簡単な、朝の一人飯にはとてもおススメの一品。
奥様もお子様も朝起きてこないうちに出勤、なんて方もいるのではないでしょうか。ひとりで、パンをかじったり、出がけにコンビニでおにぎりを買うのもいいですが、調理時間3分の豆漿(トウジャン)おとこ飯にいかがでしょうか。

(おとこ一人飯とは)おとこひとりでちょっと凝った風に見える料理を作って食べる不定期連載です。カップラーメンに罪悪感を感じる今日この頃、手抜き商材やいろいろ道具を使って料理します。

豆漿の作り方、甘いのもあるみたいですが、今回は酸っぱい系の鹹豆漿(シェントウジャン)

(材料)

豆乳(無調整)、カンタン黒酢、干しエビ、醤油

さて、調理工程は本当に簡単、

  1. 鍋で干しエビを少々、こげない程度に乾煎りします。
  2. 豆乳を食べる分だけ(よそう食器にいったんいれて鍋にうつす)
  3. しょうゆをほんの少々くわえる
  4. 食器にカンタン黒酢を大さじ1~2くらい、アバウトでいれる
  5. 豆乳がグツグツしだしたら、黒酢のはいった食器に注ぐ
  6. あっという間に豆乳が固まって
  7. 超クリーミー状態、豆漿(トウジャン)完成です。

カンタン黒酢が成功のもと

黒酢や醤油なんかも、はまってきたら台湾の○○酢、○○醤油みたいなのをつかいたくなるかもしれませんが、カンタン黒酢を使うと間違いない味になります。ちょっと高価な黒酢も使ってみたんですが、酢が強くなりすぎでカンタン黒酢に戻ってきました。

一般的には、揚げパン的なものや、パクチーなどをのせていただくようですが、朝から油モノはと思うので、プレーンでいくのがおすすめです。風味付けに使った干しエビが具材として、なかなかいい働きをしてくれます。といっても、使った干しエビはお好み焼きに使うこの業務スーパーのやつです。本格的な中華料理店で炒め物やスープに入っているような直径1cmくらいのちょっと歯ごたえのある干しエビを使えばもっと美味しいと思います。


鶏ガラスープの素を一つまみ最初の段階でいれるのもありだと思います。塩味が増して、より食欲をそそる味になりますが、カンタン黒酢はもともと調味済の酢なので、そのままでOKです。

ただこの豆漿(トウジャン)、調理で1つ気を付けたいのが、「豆乳をあっためる鍋の底がめちゃめちゃ焦げ付く!」ことで、ステンレスやホウロウのミルクパンなんかで、つくると痛い目にあいます。

和平フレイズの大ヒット商品「マルチポット」は 豆漿専用鍋ではないかと思うほどの優れもの

私が使用しているのは、この和平フレイズさんのマルチポットという商品フッ素樹脂加工で、汚れも焦げもつかず、さっと洗えます。注ぎやすいのも、豆漿(トウジャン)つくるためにある鍋なのでは、と思ってしまうほどです。かなりヒット商品のようです。アマゾンで2000円くらいで買えると思いますので、おすすめです。

和平フレイズ マルチポット M 14cm 2.2L (1~2人用) ライトブルー IH対応 ご飯鍋 ふっ素樹脂加工 ご飯鍋 ミルクパン

私は、面倒なので入れませんが、ねぎ、ラー油、揚げパン(油條)等、入れれば一気にお店の味です。

ぜひ、みなさん朝からカンタン黒酢で豆漿(トウジャン)作ってみてください。目玉焼き作るより簡単です。

シェアする
目次