Skip to content →

おとこ一人飯(1)不定期連載

第1回スキレットを使うとちょっとカッコイイ飯

 

(おとこ一人飯とは)わたくしモノカムキッチン&ブックスのキッチン課長が、ひとりでちょっと凝った風に見える料理を作って食べる不定期連載です。カップラーメンに罪悪感を感じる今日この頃、手抜き商材やいろいろ道具を使って料理します。

材料

・とりにく(むね肉)  ・じゃがいも   ・ホワイトソース   ・ショートパスタ  ・チーズ

工程

1.スキレットにオリーブオイルをひいて、塩コショウしたとりにくとジャガイモを炒める

2.同時に小さな鍋でホワイトソースを作る。ホワイトソースの中に早茹で(3分くらい)のショートパスタをいれて茹でておく

3.1に2を加えて、チーズとコショウを少々

4.オーブンで20分焼けば完成

5.スキレットをシーズニングする。たわしで洗って、水分を飛ばしてから油でコーティング

 

第1回スキレットを使うとちょっとカッコイイ飯、いかがでしょうか?ホワイトソースをつくるのは面倒ですが、ここで手抜き商材、業務スーパーに行って「ホワイトルウ」という商材を探します。1kg入りで500円くらいの粉です。牛乳と混ぜるだけで立派なルウができるんです。ホワイトソースがかかっているだけで何か凝った料理にみえるから不思議です。

ホワイトソースを作る際にショートパスタを一緒にいれて鍋をひとつ減らすのも後片付けを考えると重要ですね。スキレットはプラスチック素材もついてないですし、大きさも一人飯にはうってつけ、オーブンにそのまま突っ込めるので使い勝手の良い調理器具だと思います。ただ手の部分も熱くなりますので、火傷に注意です。そこで、IKEAで200円位で売っている指先だけ鍋つかみが便利です。とにかく小さいのでガサガサしなくてなんだかスマートな感じがします。

スキレットを使うと何が良いかというと洗い物嫌いな私でもちゃんと手入れをしないと、シーズニングしないと、と思えることなんです。面倒な作業ですが、毎回やっていると育てている感がでてきて愛着がわいてしまうのです。キャンプに行った時だけ使うなんてもったいない!ですよ。

最後に、おとこ一人の飯にオーブンを使う。ここが重要で「フライパンひとつ」や「電子レンジ」とは充実感が違うんです。是非家で眠っているオーブン機能を呼び起こしてみてください。

Published in Dad Kitchen Topics

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です