Skip to content →

大同電鍋でおいしいご飯が炊けますよ

最近、お客様より「ご飯を炊きたいので炊飯器はありますか?」
という、質問をよくいただきます。
残念ながらモノカムキッチンにはいわゆる電気炊飯器は常備していないのです。
しかしながら、

台湾ではおなじみの大同電鍋というおいしくご飯も炊ける調理家電があります!
大同電鍋で約30分でご飯が炊けるのですが、せっかくなのでその炊き方をご紹介します。

まず、大同電鍋の基本的な使い方ですが、
外鍋(鍋本体)と内鍋(付属のステンレス製がおなじみですが、
耐熱性があって内側に収まれば多分何でも大丈夫)で構成されています。

外鍋に水をはって、その中に内鍋を入れて、ふたをして、スイッチを下すだけ

ちなみにモノカムキッチンの大同電鍋 (※おとこ一人飯(6)でも使用) は
台湾で買って持って帰ってきた台湾仕様です。

日本の通販で売っている保温スイッチ付きのものではないため、
コンセントがささっている状態が保温(スイッチが上にある)。

スイッチON(スイッチが下にある)が煮飯状態になります。
なので、「調理が終わったら、コンセントを抜く!」ことを忘れずに。

では、実際に1合のご飯を炊いてみます。

計量カップで1合のお米を用意して、1のメモリまで水をいれて、
外鍋にカップ1杯の水を注いで、ふたをしてスイッチをいれるだけ。

「約30分でガチャンというちょっとビックリする音とともにスイッチが保温状態にもどり、
おいしいご飯がたけちゃうんです。」

 

スイッチが上にあると保温状態。下に下げるとグツグツはじまります。
コンセントを抜かないといつまでも保温しているので注意。

今回はステンレス製の付属内鍋はお米がこびりついて洗うのが面倒(そんなでもないんですが。。)
なので、ヘルシーコトコト(※おとこ一人飯(5)でも使用)のテフロン性の内鍋を使います。

炊きあがったところ。テフロンの別製品の内鍋を使用。外鍋に入れていた水がすべて蒸発してなくなります。

基本的に自己責任ですが、
割れるとか、溶けるとかなければ何でも使えるのではないかと思っています。

モノカムキッチンの大同電鍋は台湾のカルフールで買ったのですが、
カルフールには純正ではない内鍋もキッチン用品売り場で売っているので探してみると
1台の大同電鍋でつぎつぎと料理できちゃいます。

純正品との違いはロゴとメモリがないこと。つくり的には大きさ含めほぼ同じな気がします。

ワンカップで30分、若干固めのご飯が炊けました(私的には好みです)。
水の量を変えれば調理時間の調整が可能なので、好みでいろいろ試してみるのもよいかも。

見てください!おいしく炊けました

応用としては、お米の量を3分1ほどにすればお粥になります

お粥を作ったときの写真。純正内鍋にはメモリがあり、1合炊くなら1まで水、3合なら3まで水をいれる。

「大同電鍋いかがですか?興味ありましたら、モノカムキッチン&ブックスでご利用できます。
台湾料理キッチンパーティーでも開催してみてはいかがでしょう!」

田園都市線 青葉台のレンタルキッチン モノカムキッチン&ブックス
見学のお問合わせ、ご予約のお問合せ。お待ちしております。

 

Published in KITCHENの情報 Topics おとこ一人飯

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です