Skip to content →

おとこ一人飯(2)不定期連載

第2回 年末年始は血液さらさら飯(ダッチオーブンでカッコよく)

(おとこ一人飯とは)わたくしモノカムキッチン&ブックスのキッチン課長が、ひとりでちょっと凝った風に見える料理を作って食べる不定期連載です。カップラーメンに罪悪感を感じる今日この頃、手抜き商材やいろいろ道具を使って料理します。

材料

・たまねぎ   ・とりにく(むね肉)   ・じゃがいも   ・調味料(酒、しょうゆ、塩、こしょう)   ・ニンニクチップ

工程

1.ダッチオーブンに酒:水を1:6と塩少々、たまねぎ(皮をむいてまるごと)をいれて15分火にかける

2.とりにくに酒、塩コショウをしてもみこむ、じゃがいもは半分に

3.15分たったら(1)に(2)とニンニクチップ、しょうゆをいれてさらに15分火にかける

4.15分たったら塩で味を調えて出来上がり

5.盛り付けはセンスの問題

6.ダッチオーブンのシーズニングを忘れずに。前回のおとこ一人飯(1)のスキレットを参照

 

第2回年末年始は血液さらさら飯、いかがでしょうか?ダッチオーブンを使うとちょっとカッコよくみえちゃいます。今回使用したダッチオーブンはニトリのダッチオーブン(19cm)。なんと1,380円(税別)で購入できます。おとこ一人飯ではスキレット同様、大活躍の調理器具です。そして、今回の料理のポイントはたまねぎは小さく切らずに丸ごと入れることです。なぜなら見た目が良いですし、あっちこっちにたまねぎが散らばらない、必要以上にくたくたにならない等、良いことずくめです。

そして、今回の手抜き商材、ニンニクをいちいち刻むの面倒ですよね、指先からニンニクのにおいが消えるまでしばらくお付き合いが必要です。そこで業務スーパーに行って「ガーリックスライス」という商材を探します。スライスされたニンニクがカリッカリに乾燥していてそのままでもバリバリっと砕いて使うもよしで、肉を焼くときやアヒージョなんかをキャンプで作るときの私の必需品なのですが、家でも大活躍のひと品です。ガーリックパウダーやニンニクチューブでもいいんですが特にパスタに入れたり肉を焼くときなんかはニンニクの形状が残っている方が私的には気持ちが盛り上がります。

最後に、おとこ一人飯で和食には手を出さない方、多いと思います。和食をとりいれましょう。年末年始は忘年会、お正月休み新年会と暴飲暴食期です。油を使わない料理で、たまねぎをたくさん食べて血液をさらさらにした気分になったらお酒がまた旨いんです。

Published in Dad Kitchen Topics

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です