Skip to content →

おとこ一人飯(6)不定期連載

第6回 冷凍庫に眠っていた鶏ささみで煮物一人飯

せっかくキッチンスタジオで働いてるんだから自炊しようという企画。
冷凍庫の中に鶏ささみ。とりあえず煮物にしてみよう大同電鍋で。

台湾名物の大同電鍋、スイッチ一つで美しい!

台湾で買って持って帰ってきた電鍋。全部入れてスイッチオンの調理器具です。だいたい失敗しないで作れるシンプル家電。今回作るのは鶏ささみの煮物(地味)。ほかに食材がなかったので、鶏ささみのみで煮てみます。

焼酎ハイボールで煮てみよう

焼酎ハイボールレモン350㎜入れてみます

しまっておいて油断して賞味期限が切れてしまった酒缶のなかから無難な焼酎ハイボール使います(次やるときはフルーツ甘い系のお酒も試してみよう)。炭酸系のアルコールは肉を煮るのに良いと聞いたことがある。

電鍋を使うとどうしても八角入れたくなっちゃうね

醤油、みりん、しょうが、八角をいれて、それっぽくなってきた。

内鍋と外鍋の間に水を入れて、つまみを下す。それだけ

結構な音をならして(湯気で蓋がカタカタする)待つこと20数分、外鍋に入れた水がなくなるとつまみが上がって保温に切り替わります。保温状態でさらに20分放置して、味しみこませ、してみました。

地味な色合いの鶏ささみの煮物完成です

八角の香りが食欲そそります。地味ですが

パラパラと鶏ささみがほどける感じで、やわらかく仕上がりました。色味のなさはおとこ一人飯ゆえ。

それではまた次回!
キッチンスタジオのレンタル、動画撮影、料理教室の開催などお問い合わせはこちらまで

===============================

モノカムキッチン&ブックス

info@monocome.net       080-4384-9143

Published in Dad Kitchen Topics

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です