Skip to content →

桜台ビレジサロン「つきたてのお餅食べましょう」地域の取り組み

青葉台のレンタルキッチン、モノカムキッチン&ブックスは建築好きの方には有名な内井昭蔵氏が設計した昭和ビンテージマンション”桜台ビレジ″にありますが、この桜台ビレジですが築50年になる今でも購入希望者が多く、お年寄りの一人暮らしから子育て世帯まで、約120世帯が入居しています。

そんな桜台ビレジで、「住人同士のつながり、独居の見守り、地域での子育て、などのキッカケが必要なのでは!」という桜台ビレジサロンをモノカムキッチン&ブックスで開催させていただいています。

「今回はみんなでお餅を作って食べよう!」
住人同士でアイデアを出し合って、決めた企画です。(先月はみんなで”おでん”を作って食べました)
杵と臼で餅をついて、というのがよくある形だと思いますが、そこは時短と住民同士の協力によってなりたつ、桜台ビレジサロンですから、電動餅つき機?を所有する3世帯にご協力いただき4kgのお餅を用意。

きな粉、あんこ、大根おろし、海苔、ご婦人方の手際の良さで丸められていくつきたてのお餅。
集まった約30名の老若男女がいっきにたいらげました。

お餅を食べながら、「次の企画は何にしましょうか?」「お赤飯を炊きましょうか?」「桜の季節には何をやりましょうか?」
そんな会話がたくさん聞かれました。

「わたしも次は何になるのか楽しみです。モノカムキッチン&ブックスでお待ちしています!」

Published in 桜台ビレジサロン 過去のイベント